読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

suzu@kick diary

とあるキックボクサーの九転び十一起きな物語が現在、進行中です。

新・習・慣

以前、朝の習慣についての記事を書きましたが、
新しい習慣が加わりました。

けん玉です。

f:id:suzukiyuta3104:20161216175309j:plain

昔、小学生だった頃にはまって
休み時間になると友達と競い合って新技に挑戦していたのが
懐かしく思い出されます。

けん玉の魅力はなんといっても
技が決まったときの気持ちよさでしょうか。
技の難易度が高くなるにつれて失敗ばかりですが
成功したときの喜びはひとしおです。

驚いたことに日本の伝統文化であるけん玉ですが、
今は海外各地で「KENDAMA」として爆発的な人気を誇っているようです。

けん玉がスポーツのジャンルとしても定着していて
大きな大会も開催されています。

動画をみてみると人間離れした超絶的な技が繰り出されています。
軽やかにけん玉を操る姿に、
あれ、けん玉ってこんなににかっこよかったっけと思ってしまいました。
奥深きけん玉の世界。実に3万種類を超える技があると言われているようです。

●‐○‐●‐けん玉の効果‐●‐○‐●
けん玉をやることによって、夢中になっている時の脳の状態
いわゆる"ゾーン”と呼ばれる超集中状態に入りやすくなり
スポーツや勉強における集中力の向上に大きく役立ちます。
また、玉がどこに落下してくるかを瞬時に判断しなければいけないので、
右脳が刺激されて空間認識能力をアップさせてくれます。

この空間認識能力というのは
物体がどこにありどのような動きをするかを
素早く判断する能力のことです。
物体がどのように動いてどこに身体を動かせばいいのかを
すぐに判断ができるようになるので、
スポーツで優秀な成績を出している人は
この能力が非常に高いといわれています。

その他にもけん玉で遊ぶと全身をバランスよく動かすので運動不足の解消や、
体幹が鍛えられて姿勢がよくなったりします。
また認知症の予防やうつなどの病気改善にも効果が期待できるようです。

けん玉の上達のポイントは
『繰り返し練習して、繰り返し失敗する経験をもつこと』
失敗を繰り返すことで、必ず上達するのです。