suzu@kick diary

とあるキックボクサーの九転び十一起きな物語が現在、進行中です。

ぢっと手を見る

ぼくは自分の手をみると、時たまこの詩が頭に浮かぶ。

//////-----------
 はたらけど
 はたらけど猶わが生活楽にならざり
 ぢっと手を見る

石川啄木
--------------/////

自分の手。練習帰りの電車の中で自分の手をまじまじと見ることがある。
いったい何度この手を見つめてきただろうか。

f:id:suzukiyuta3104:20170620144833j:plain

この手でたくさんミットやサンドバック、そして人様を殴り、
ともにいろんな種類の感情を共有してきた。
トレーニングをして傷や豆ができたりなんかは日常である。
拳の皮は何度むけたか知らない。
相手の骨に拳ががつっとあたって大きく腫れたこともある。

骨ばってごつごつして、皮は厚くなり、
生傷だらけでお世辞にもきれいな手とはいえない僕のこの手。

強くなる。そう思って日々練習して
いったいどれくらい強くなれたかと自問もする。

日々進む距離は短く、ともすれば前進どころか空回りして後退すらしかねない。
この手からこぼれ落ちていったものもたくさんある。

まさに啄木流にいえば
 練習すれど
 練習すれど猶われまだ強くならざり
 ぢっと手を見る
なのである。

この手とはずっと痛みもうれしさも分かち合ってきた仲なのだ。
そしてこれからも関係は続いていく。
時間はとかく有限。
とにかくやるしかないのである。