suzu@kick diary

とあるキックボクサーの九転び十一起きな物語が現在、進行中です。

水無月

この時期になると毎年決まって食べる和菓子があります。

f:id:suzukiyuta3104:20170629095934j:plain

コチラです。水無月(みなづき)といいます。
ういろうの上に小豆餡が乗っかった三角形の和菓子です。

水無月というのは年間を通して食べられるわけではなく
京都で6月30日に夏越の祓(なごしのはらえ)という行事があり
この夏越の祓の日に召し上がるお菓子となります。

夏越の祓では、6月30日はちょうど1年の折り返しであることから
半年分の身の穢れをおとして、残りの後半の無病息災を祈願します。

水無月のこの三角の形は氷をあらわし、上の小豆には厄除けの意味があり
この時期に水無月を食べることで暑さ厳しい夏を乗り切り、
心身ともに健康に残りの半年を終えられるようにと願をかけています。

まだ冷凍する技術がなかった時代において
氷は貴重品で庶民には手が届かなかった為、
氷に見立てた和菓子を作ることで夏をのりきる、そうゆう意味合いをこめて
水無月が誕生したとのいわれがあります。

大きな怪我や風邪をひかず選手生活を無事に送れますようにと
願いを込めて毎年欠かさずこの水無月をいただいています。

下のういろうの強めのもちもちした食感とあんこの粒々感の
組み合わせが抜群にあっていて
後を引く美味しさで、和菓子の中でも好きなものの上位にあります。
この時期にしか食べられないのがもったいないくらいです。

京都では昔から続いている伝統行事で、
6月30日に食べるのが本来の習慣のようですが
その日の遅い時間だと都内のお店では売り切れているお店が多いので
早めに購入することをオススメします。

都内の和菓子店でもたいてい売っていて
すでに販売を始めているところがほとんどなので、
ご興味ありましたらいただいてみてください。

水無月を食べて暑さ厳しい夏をのりこえましょう!