suzu@kick diary

とあるキックボクサーの九転び十一起きな物語が現在、進行中です。

ベトナムコーヒー

家の近所に美味しいベトナムコーヒーが飲めるコーヒー屋があった。
今もそのコーヒー屋は同じ場所にあるが、僕が通っていたときの
店主はあまりのベトナム好きがこうじてベトナムへと生活の拠点を
移してしまったのだ。
以来そのお店に行くことはなくなってしまったので
今はどうなっているのか分からないけど、当時は店内には店主が
揃えたベトナム関連の本や雑貨がたくさん置いてあった。

休みの日曜日、朝とかお昼時にそこでコーヒーを飲みながら
軽食をとったり、写真集を見たりしてのんびりと過ごす時間が好きであった。
あとはぼーっと外を行き交う人の流れを何も考えずに見ていたり。

ふとそのお店を思い出したのはそこで飲んだベトナムコーヒーが
また飲みたいなと思ったからだ。

ベトナムコーヒーの特徴はなんといってもその濃さと甘さ。

コーヒー豆に圧をかけて専用のドリッパーから抽出された
ベトナムコーヒーはすこぶる濃いのだ。そのままだと飲めないので
たっぷりのコンデンスミルクを入れてよくかき混ぜて飲む。
多くの人が初めてベトナムコーヒーを飲むとその甘すぎる甘さにまず驚くと思う。
しかし、不思議と飲み進むにつれてその甘さがだんだんとくせになり、
はまってしまうのだ。

コンデンスミルクの甘さでその濃さが和らぎつつも、
コーヒー感は強いままなので脳内が一気にすかっとなる感じが
個人的に好きである。

もちろんホットのベトナムコーヒーも悪くない。
でも、夏の炎天下の日に飲む冷えたベトナムコーヒーは
言うまでもなく格別である。
たくさん運動して汗を思いっきりかいて、からからになった状態で
一気に飲むポカリスエットに匹敵するうまさなのだ。

昔、ベトナムの各地を動き回っていたときは
どの地域にも路上にフォーと同じくらいの数のコーヒー屋台が出ていて
一日3杯くらいは飲んでいたのではないかと思う。
大きなロックアイスを揺らしながらちびちびと飲んでは
時間をゆっくりと使っていた。

普段飲むコーヒーはブラック派だがベトナムコーヒーを飲むに限っては
あそこまで甘くないとダメなのだ。

専用の道具を購入して、自分でも入れてみたのだが、
う~ん、、、という感じで今では使うことはなくなってしまった。
普通のコーヒー以上にその入れ方や豆の挽き方、焙煎などが
大きく影響するのではないかと思う。

そのお店で飲んだベトナムコーヒーは日本で飲んだものの中で
一番美味しく、自分好みの味であった。

濃くて甘くて冷たいベトナムコーヒー。
ここのが好きだといえるものをまた探してみたい。

f:id:suzukiyuta3104:20170705175050j:plain

ベトナムのとある路上にて。
道路にテーブルをだしてのどかに宴会中。