suzu@kick diary

とあるキックボクサーの九転び十一起きな物語が現在、進行中です。

Be a Fighter

彼はジェレミー

f:id:suzukiyuta3104:20180731160619j:plain

僕が2010年、ニューヨークに滞在していたときに練習していたボクシングジムの練習生だった。
たしか当時、二十歳そこいらだったと思う。

この日はアマチュアの試合に出場する日で、上の写真は試合直前に撮らせてもらった写真だ。
試合は殺気だった目で相手をじっと見据えながら終始攻めてジェレミーが勝利した。
クリーンヒットをほとんどもらうことなく、その強さは圧倒的であった。

試合の後、その喜びをかみ締めるようにトレーナーと抱き合う姿をみて、己の存在をかけた真剣な勝負の神聖さを感じた。

f:id:suzukiyuta3104:20180731160636j:plain

ジェレミーはジムではひたむきに今を生きていた。
そしていつも自信に満ちた目をしていた。
将来どうするのと聞いたらプロを目指すといっていた。

日本に戻ってきてからは連絡もとっていないので、その後はどうなったのかわからない。

だけど、プロになって活躍していることを期待したいし、もし、今も選手を続けているのなら試合を観れたらうれしく思う。

ニューヨーク。一見華やかできらびやかな外観を呈する街だが、その中で生きる多くの人々はハングリーでエネルギーに満ちた人の集合体だった。

ジェレミーもそんな中の一人であった。

何枚か撮った写真をまとめてプレゼントしたときは飛び跳ねて喜んでくれたのを今でも覚えている。