suzu@kick diary

とあるキックボクサーの九転び十一起きな物語が現在、進行中です。

夏のゲリラ戦と夏の薬膳

夏といえば、蚊との終わりなき戦いを僕に想起させる。

今の住居のひとつ前に住んでいた古いアパートはとにかく大変であった。
周りが鬱蒼とした茂みの奥まったところに建っていたせいか、蚊の出撃率は高く、窓を開けようものならどんどん僕の部屋へ侵攻してきた。
窓は開けっ放しにはせず、網戸にしていても、なぜかいつの間にか部屋の中を飛び回っている始末であった。

ブーンとやってきてはペシッと叩くを繰り返しても、ずる賢い蚊はやっぱりいる。
そう寝静まった夜中に活動し始める蚊だ。
ブーンと耳元を飛び回り、追い払っても援軍をよこして、その攻撃は休まることを知らない。
僕に殺傷能力がないとみるや、一斉に体当たり攻撃をしてくるのだ。

時間はもう深夜をゆうに越す、迎撃したいが電気をつけて起こされるのも癪だと思って、タオルケットで頭から足先まですっぽりとくるまる。
刺せるものなら刺してみろとばかりに、完全防護した即席のタオルケット人間の出来上がりだ。
この効果は抜群、蚊はなす術なくブーンと小さくなって、遠ざかっていくのであった。

残念だったな、蚊よ、と勝ち誇った夜もあれば、それでもまだ諦めないしつこい蚊もいて、いつのまにか出来た隙間から攻撃してきて、変な時間に起こされることもあったな。

このような蚊との夜中のゲリラ戦が何度となくあって、夜は蚊取り線香をたくというのが普通になっていた。
(今の家では、それほど蚊の夜襲に脅えることはなくなったので、蚊取り線香は使わなくなったが)

そして今年も夏がやってきた。
今年の夏は毎日毎日、異常に暑いなーと思っていたら、ふとあることに気づいた。
あれ、そういえば、今年それほど蚊に刺されてないなと。
全然ブーンを聞いていない。どころかその姿すら見ていない気がする。

おかしいなとネットで調べてみたら、どうやら蚊というのは気温が35度以上になると、活動が弱まるそうではないか。
へえ、それは知らなかった、である。
蚊は夏が一番元気に飛び回ると思っていたが、暑すぎたら逆に元気がなくなってしまうらしい。
この熱さで蚊も夏バテということか。

前置きがやたらと長くなってしまったのですが、蚊ですらも大好きな血を吸うのも億劫になるほど、今年の夏は暑いのです。
日に日に暑くなって、ただでさえ汗をかきやすいのに、移動するだけで汗がどっと噴き出してしまう。
どうしたものよ、この暑さ。

こんな暑い日は食欲も減退してしまうもの。
暑さを吹き飛ばすのにもってこいの食事はないかなと見ていたら、ぺんたんさんがこれを作っていました。
ココナッツミルクを使った夏の薬膳。

senninlife.hatenablog.comココナッツは暑気あたりや熱中症に良いとのこと。
スイーツに使うのはよく聞くのですが、それを使った煮込み料理というのは面白いなと思いました。
ココナッツミルク、今まで買ったことがないので、どこにあるんだろうとスーパーを探し回るとエスニック系の調味料コーナーに置いてあったので購入して早速作ってみました。

f:id:suzukiyuta3104:20180806112317j:plain

どんな味になるんだろと想像を掻き立てられながら調理を進めていった。
完成して、いざ食べてみると、おぉ、ココナッツミルクの優しい甘みとクリーミーさが夏野菜と合う。
ココナッツの主張はそれほど強くなく、肉のうまみがプラスされて、野菜の甘さと食感をさらに引き立ててくれた。
ココナッツミルク、あまり馴染みのない食材だけど、普通のミルク感覚としても使えそうだ。
カレーにいれたら、仕上がりがまろやかになって、夏カレーとして食べるのもいいかもです。

まだまだ続きそうな夏の暑さ、ひとつの手段として、ココナッツミルクで体内にたまった熱を取って、この夏を乗り切っていこうと思います。

夏を熱く、思いっきり。